結婚式のタキシードはオーダーがオススメ!

こんにちは。

Dress Producerの藤本 牧(ふじもとまき)です。

今日から5 月ですね!

とっても気候もよくって花嫁様にはとっても良い季節!!

    

結婚式のことについて考えるのにも

アイディアがいっぱい浮かびますね。

彼とのお写真もいっぱい撮っておきましょう!

緑もきれいですし、前撮りをされるお二人も多いですね。

前撮りはウェディングドレスとタキシードだけでなく、

たとえば、薄い色のデニムに白いシャツとか、

薄い水色のワンピースと薄い黄色のシャツとか

青空と緑に映える色のカジュアルな服装のお二人も

一緒に撮っておくと記念になりますし、

結婚式でも使えるのでいいですよ♪

さて、

本日は

結婚式のタキシードはオーダーがオススメ!

 についてお話させていただきます。

ウェディングドレスのことで頭がいっぱいの花嫁様!

彼のタキシードについて少し考えてみましょう。

「できるだけ安く押さえたい」

「どれもあまり変わらないでしょ?色選びくらい?」

「お洒落なタキシードってあるの?」

花嫁様よりこんなお話をいただきます。

色々と疑問が浮かびますが、

まずはイメージしてみましょう。

お洒落なお二人になるには、

上品で上質なウェディングドレスがあって、

それを着こなすあなた。そのお隣には、、

ビシッと上質なタキシードを着こなした新郎様がいます。

新郎様のタキシードは何色ですか?

新郎様のタキシードはどんなシルエットですか?

新郎様は自信に溢れて輝いていますね!

こんな風にイメージって大切です。

このイメージを新郎様とも共有できるといいですね。

新郎様の自信に溢れている姿はやはり、着ているものに左右されます。

例えば、結婚式のプランで借りたタキシードと

オーダーでお創りしたタキシードでは全く変わるんですよね。

もちろん、レンタルのタキシードではメリットもたくさんあります。

お日にちがない時、すぐに借りることができます。

サンプルを羽織ってみてサイズやデザインが気に入れば、

短時間で選ぶことができます。

またサイズ合わせも一度で済み、その後は当日に会場で用意されていますので

とても気軽でお手軽ですね。

しかし、デメリットもあって

サイズが合わない・ギラギラ感がある・意外と高い

というご意見を耳にします。

人それぞれ、体型が違いますがジャケットだけ大きくとか

パンツだけ細く、とかできません。

繰り返しのレンタルに耐えるため、ポリエステル製で特有の光沢があります。

「たった一日を過ごすのにこんなに高額なの?」

という風に感じる方も多いようです。

では、

タキシードをオーダーするオススメの点をみてみましょう。

1,体にフィットしていることが最大のオススメポイント

2,オリジナリティがあり、多くの選択肢があります。

3,後々着用できるのです。

男性の洋服の世界は

細かいディテールをどこまでつき詰めるか、

というところがファッションの美学です。

それが可能なのがオーダーの醍醐味。

例えば、イタリアのウール生地で、

色はネイビーでやや明るめのトーンにしたい。

肩パッドは薄く、スラッと見えるようなシルエットで、

ウエストはきちんとマークして足長に見えるように。

こちらのブログを読んでいただけている方はオーダーの素晴らしさを

ご存知の方が多いと思いますので、1,2, 

聞いていることだと思います。

花嫁様のウェディングドレスも後々の使い方は様々ありますが、

(こちらも参考にしてください。)

オーダードレスのその後。。。

新郎様のタキシードの方が着ることができるシーンが多くあります!

お友達の結婚式や2次会パーティー、

記念日などのお祝い事でホテルでディナーとか

お子様が生まれたら、ジャケットだけ羽織って記念撮影とか!

何よりも、

「この日のためにオーダーした」ということが、

自信を持って輝かせられる一着になることは間違いないです。

タキシードをオーダーするのには

完成までお日にちがかかりますので、(最短でも約40日)

余裕を持ってお考えになることをオススメいたします。

PS.

デザイン打ち合わせ・トワル合わせ・仮縫いと

最低 3 回はお店に通うことになると思います。

ウェディングドレスと合わせて通えるお店をオススメいたします。

私どもMaking brightでもオーダータキシードを承っております。

まずはイメージをして、お気軽にご相談くださいませ!

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す