「デザインする」ウェディングドレス ドレス迷子を救う

こんにちは。

Dress Producer の藤本 牧(ふじもとまき)です。

本日はとてもよいお天気で、

お昼は暑いくらいでした。空もとっても青くて気持ちがよかったですね。

本日、私どもは江ノ島に行ってきました。

音楽イベントにお呼ばれして

青い海と心地のよい音楽に触れてきました。

 

 

明日から始まる、新しいドレスのデザイン出しのアイディアが

いくつか浮かんで、いいものが描けそうだなぁと

ちょっとだけワクワク。

いや、デザインって本当に降りてくるものではなくて

(私の場合はですが)

考えて、理由があって、「デザインする」んです。

いつも本当に真剣です!

 

本日は、

「デザインする」ウェディングドレス 

についてお話いたしますね。

 

 

ドレス迷子とは

結婚式も段取りも決まると、

ウェディングドレスについて考え始めます。

情報収集をして、あなたの結婚式を行う

会場の提携されたドレスショップで

ドレスを何着も試着します。

1件、2件、3件、4件、、、

何件回ってもこれ!と思うデザインのドレスに

めぐりあうことができない。。

そのうち、あなたはそんなに好きでもないデザインの

ドレスの試着も始めます。

そうなると、本当に着たいドレス・好みが

分からなくなってしまいます。

これがあの噂のドレス迷子です。

 

ドレス迷子になってしまったら

もしも、あなたがドレス迷子なのかも?!

と思ったら、いったんウェディングドレスを

探すのをお休みしてみましょう。

そして、

ドレス以外の結婚式のことを整理します。

頭の中もスッキリしますし、あなたが

行いたい結婚式も確認できますね。

 

何度かお話させていただいていますが、

私はお衣裳をデザイン・製作して

約15年になります。

たくさんのアーティストや、女優さん、タレントさんの

お衣裳をお創りさせていただきました。

1,着用される方のお好みのデザインを元に、よりスタイルよく

   見えるお衣裳をお創りする。

 2,全て私にお任せで、空間に合ったデザインと

             機能性を持ち合わせたお衣裳をお創りする

 

主にこの 2つを目的としてデザインしています。

 

ウェディングドレスをお創りする際、

この 1,2どちらもとても重要で

あなたに寄り添ってデザインします。

 

 

ドレス迷子からの脱出方法

あなたのお好みのデザインで、

よりスタイルよく見えて、

空間にとてもマッチしていて、

とても動き易いウェディングドレス。

 

あなたにとって最高なドレスではないですか?

 

私はそう思っていただけるといいなぁと

常に考えております。

シルク・ドゥ・ソレイユに行って気付きました。

ひとりひとりの身体に合わせて

最高のパフォーマンスが出来るように

お衣裳を作っていく。

時には命に関わる危険を伴うパフォーマンスがあります。

お衣裳は絶対に身体に合っていないといけません。

 

ウェディングドレスは人生にたった一回の晴れ舞台のお衣裳。

絶対にあなたにとって最高のものである必要があります。

 

私はあなたに寄り添って、

最高の花嫁様に輝かせる為に「デザインする」のです。

 

もし、

あなたが気になっているウェディングドレスがあるとしたら、

そのドレスのストーリーを知りたいと思いませんか?

どんな思いでデザインされたのか。

 

私のドレスにはすべてストーリーがあり、

すべてのデザインに理由があります。

そのストーリーはあなたの人生の舞台にあった

ものですか?

ストーリーが知れたら、何かが変わるかもしれません。

悩んでいた会場のお花を決めるヒントになるかもしれません。

迷っていた引き出物が絞れるかもしれません。

 

結婚式を行う理由を最初から最後まで忘れないでください。

 

ウェディングドレスのストーリーが分かれば、

ドレス迷子からも抜け出せるハズです。

 

どうしてあなたがそのドレスを選んだのか、

どこにひかれたのか。

 

新郎様のタキシードを選ぶのも、

すべてに共通の(目的に合っている)理由があると

悩まなくていいのです。

 

「ドレス迷子」の共通点は、

1, むやみに試着しすぎている。

2,ドレスのストーリーを知らない。

3, 結婚式を行う目的を忘れている。もしくは見失っている。

この3点をもう一度見直してみてください。

きっと「ドレス迷子」から抜け出すことが出来ます。

私はそんな「ドレス迷子」を救いたいと

思っています。

 

 

お悩みのあるあなた。

是非、コメントもしくはお問い合わせにて

メールをください。

お問い合わせ

PS.

ドレス迷子も最初は楽しいんです。

たくさんの選択肢があって、たくさんの想像が膨らませるので。

しかし、それは一時的はものです。

すぐに悩める日がやってきます。

ドレスに悩みすぎて、ドレスショップの

店員さんを信じられなくなってしまう

花嫁さま続出です。

 

是非、お早目の対処をいたしましょう!

 

 

 

コメントを残す