東京は雪でしたね。ウキウキな大人です

こんにちは。

Dress Producer の 藤本 牧(ふじもと まき)です。

今朝はまっ白い雪が降っていました!

雪が大好きな私はウキウキで朝から散歩をしました。

小さい頃からあまり雪に触れていないので

雪ってとても神秘的に感じるのです。

雪国で育った方とはやはり感じ方が違いますよねー

さて、

今日は結婚式においての

ウェディングドレスのお話

なぜウェディングドレスが白いかっていうと、

実はそんなに理由はなく。。

19世紀にイギリスのビクトリア女王が初めて着用し、

みんながそれに憧れて真似をしていった、、

と言う感じ。

その以前はとても豪華絢爛なお色味であって

赤やピンク・鮮やかなグリーンや青に

ゴールドの刺繍で艶やかに。

その当時の階級を表さんばかりに着飾っていたのです。

そんなドレスしか知らなかった人々は

真っ白なドレスにハッとして驚いたでしょうね。

その時代に始まってから現在まで

白いドレスは根付いているのだから

白ってやはりすごいですね!!

私も大好きな色です。

白いドレスって本当に素敵です!

結婚式でしか着ることが出来ない色っていうのが

いいですよね!

白いドレスや白いタキシードに抵抗のある方が

けっこういらっしゃるんです。

しかし

似合わない方っていないんですよ。

ただ着たことがないだけであって、

そのちょっとした抵抗は

早めに外していただくことをお願いしております。

白いドレス。

白いタキシード。

いわゆる青みがかった真っ白はお若い方もしくは

お年寄りが似合うと思います。

少し黄色みかかった白や赤みのかかった白は

かわいらしい女性に似合います。

お顔立ちや花嫁様の雰囲気と

ご自分が見せたい姿を相談して

あなたに合う「」が見つかりますよ

白い雪から白いドレスの話になってる!

上手に繋げられたのかな?

と思う私でした。

これからも色々な結婚式についてやドレスのお話を

書いていきますね。

寒いので、暖かくしてお風邪などひきませんように。

私はここ6年くらい風邪引いてません。笑

PS.

何かご質問あればお気軽にコメントやメールを

お願いいたします。

何でもお答えします。

コメントを残す