30代からのウェディングドレスとは

こんにちは。

Dress Puroducerの藤本 牧(ふじもとまき)です。

本日は、会社についてや私自身についての

勉強会に参加してきました。

やはり常に勉強をすることは

人生を豊かにしますし、

行動力が上がり多くの出会いをもたらします。

私のブログを読んでくださる方は

お仕事をされてる方もいれば、

専業主婦の方もいらっしゃいます。

年齢は30代の方が多いですね。

30代にもなれば、様々な経験があって

ご自分のことはとてもよくお分かりの方ばかりだと思います。

しかし、客観的にお自分を見れるかといえば、

???

の方が多いのではないでしょうか?

さて、

本日は30代からのウェディングドレスのお話をします。

みなさん、

ウェディングドレスにはどのようなイメージがありますか?

・純白

・清楚

・かわいい

・幸せ

どれも一般的に想像されるウェディングドレスのイメージです。

ここで多くの30代の花嫁様は違和感を感じます。

「私、清楚って柄じゃない。」

「かわいいドレスとか無理。」

「今更、幸せ!とかアピールするのかっこ悪い」

こんな風に思いませんか?

私のところに相談にいらっしゃる花嫁様は

かなりの高い確立で同じことをお話されます。

20代はある程度、どんなドレスでも

着こなすことができます。

どんなに美しい方でも、年齢によるハンデって

どうしても出てくるんですよ。

時を経ていますので、これはご自分の努力ではどうにもならないんです。

花嫁様もよく分かっていらっしゃいます。

やはり、肌のトラブルや体型のくずれなど

隠した方がいい部分は必ずありますよね。

しかし、あまり隠しすぎたり

大人っぽいデザインを意識しすぎると

老けて見える

のもこの年代の難しいところ。

あなたの花嫁姿を見る方は

あなたの年齢もよく分かっていますから、

若作りせず、適度に大人っぽくてお洒落なドレス

を選ぶことが美しい姿になるコツ

ですね。

30代になると、

ドレスのシルエットで選ぶのではありません。

ご自分の体型をよく知って、

ご自分の体型に合わせたドレスで選ぶ

が正解です。

でないととっても残念なドレス姿になるのは間違いないですよ。

ここで隠したほうがいいか、出したほうがいいか

ポイントを上げていきましょう。

まず、首からデコルテにかけて。

こちらは顎のお肉の量といいますかたるみにより

出すか隠すか決まります。

ファンデーションを塗るので、色やしみはごまかせますが

お肉やたるみが多い場合は

Vネックやオフショルダーで工夫したいですね。

次に二の腕

こちらはたるみやすいので、胸の大きさとのバランスで

お袖付きのドレスやボレロを羽織るタイプなど

にしたいですね。

お胸が大きい方ですと、スッキリ出したほうが

全体のバランスがいいです。

この2点が美しくドレスを着こなすポイントに繋がってきます。

やはり、

30代になると

ご自分の体型隠しがどうしても必要になってくるんです。

そして、

その対策のひとつとして

上質なものを身につけてください。

・ドレスの質感・状態

・アクセサリーの輝き・繊細さ

これは本当に重要です。

花嫁様を美しくみせるのにデザインよりも重要ともいえます。

そしてこのことを客観的に見てください。

それが30代のウェディングドレス選びの

正解を選ぶコツです。

本当に似合う上質なドレスを選ぶことができれば、

見違えるほどの大変身ができ、

いつもの私と違和感を感じることもなく

結婚式・披露宴やパーティを行うことができます。

30代だからこそ、の魅力を引き出して

人生で一番美しいあなたらしい花嫁様になりましょう。

PS.

あなたが着たいドレスのポイントはありますか?

例えば、豪華なレースを使っているもの

背中が大きく開いていたり、ポイントのあるもの

など、コメントいただけませんか?

是非楽しみにお待ちしています。

何かご相談があればお気軽に

メールもお待ちいたしております。

makingbright.bright4u@gmail.com

コメントを残す