本当に似合っている?!ウェディングドレスを選ぶコツ

こんにちは。

Dress Producerの藤本 牧(ふじもとまき)です。

 

 

ウェディングドレスを着たいなぁと思っているあなた

はネットやインスタでお店を探して、

一回くらいは試着に行っていますね。

 

 

もしくは、ブライダルフェアという

イベントに足を運んで、ウェディングドレスや

カラードレスを試着しているかもしれません。

 

今までにどんなウェディングドレスを

ご自分の目の前で見ていますか?

 

お友達の結婚式に行った時に見たか

お店で並んでいるのを見たくらいではないでしょうか?

 

 

あなたは

「あなたが輝くウェディングドレス」

をご存知でしょうか?

もしも、「色々試着しながら探そうかな。」

と思っていたら、ちょっと待ってください。

 

 

日本中にはたくさんのドレスショップがあります。

東京だけで、約50店舗。

ここに結婚式場やホテル内のものは含まれていません。

小さいアトリエなども含めると130店舗近くは

東京に、あると思います。

 

もちろん、

この全店舗を見て回ることはできませんし、

ネットだけでドレスやお店の雰囲気を調べるのも

とても大変です。

 

ドレスショップで試着されたことがあれば

ご存知だと思いますが、

気になるウェディングドレスが見つかっても

なかなかすぐには試着はできません。

予約が必要です。

1週間もしくは2週間先の予約をして

その時を待ちます。

 

心待ちにしていた、

ウェディングドレス試着の日。

 

2時間の時間制でご試着出来るのは

3〜4着。

ドレスのレンタルの仕組みなど

のお話を受けて、

やっと憧れのウェディングドレスに

包まれることができます。

 

 

初めて着たウェディングドレスに

とっても感動しますが、

これは違うかなぁ、とか

あっちのドレスの方がいいかなぁ、とか

せっかくだから色々なタイプを着ておかなきゃ!

と思いますね。

 

しかし、その日に試着できるドレスは

限られているのでそのショップのドレス全てを

試着はできませんよね。

 

他にも着てみたかったら、

また1週間後に予約を入れるのです。

そのショップでは見つからなかったら、

また他のお店に予約を入れます。

 

ちょっと疲れますが、

ウェディングドレス=宝探し

と思ったら楽しいかもしれません!!

 

私のところにいらっしゃる花嫁さまにも

いらっしゃいますが、

10件も20件もドレスショップを

回って、50着60着のドレスを

試着される花嫁様。

 

最初はとても楽しいのですが、本当に

疲れてしまうようで

「もう、ドレスのことは考えたくない。」

とおっしゃる花嫁様。

「ぴったりのドレスはどこにあるの。」

と悩んでいる花嫁様。

 

 

私は少し、悲しい気分になります。

 

 

一人でウェディングドレス探しをしている

花嫁様もいらっしゃいますが、

そこには店員さんがいますよね?!

店員さんとのコミュニケーションは取れて

いるのかとても気になります。

 

もちろん、アルバイトの店員さんもいますが、

プロのアドバイザーです。

少なくとも初めて結婚する花嫁様よりは

ウェディングドレスのことは知っています。

 

その店員さんと心からお話できていますか?

本当に着たいドレスをお話していますか?

例えば、店員さんが出してくれたドレスで

あまり気に入らないのであれば、断る勇気も

大切です。

 

好きでもないドレスを着ることは迷いの一番の

原因なのです。

記念で着ておこう!とかとりあえず着てみよう!

は私はあまりおすすめしません。

 

最初に着たいなぁっと思ったドレス。

こんなドレスないかなぁと夢に描いたドレス。

 

ウェディングドレスを選ぶのは、最初にそう思った

ドレスに近いものを選んでください。

そして、ブレずに探すことが近道です。

 

ウェディングドレス探し=宝探し

ですが、本当に長いです。

 

疲れるので、がんばりましょうね。

 

あなたの結婚式です。

あなたのウェディングドレスです。

 

店員さんに気を使うこともないですし、

あなたの夢に描いたドレスをブレさせない

ことが本当に大切です。

 

 

悩んだら、いつでもご相談ください。

もしかしたら、辛口かもしれませんがどんなことも

お答えいたします。

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す