マタニティウェディングをする花嫁様が選ぶドレスの注意点とは

こんにちは。

Dress Producerの藤本 牧(ふじもとまき)です。

先週の週末は、

たくさんのお問い合わせをいただいておりました。

ありがとうございます!

順番にお返事をさせていただきました。

もし、

私どもからのお返事がまだだという方は、

こちらのコメントでも、

お問い合わせからでもSNSのメッセージからでも

ご連絡いただけますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

さて、

本日は、

そのお問い合わせの中でも多かった

マタニティウェディングにおけるドレスの注意点について

お話させていただきます。

マタニティウェディングって増えていると言いますが、

一体どのくらいの割合なのでしょう。

5人にひとりの割合でマタニティウェディングを

挙げているそうです。

とても多いですよね!

お問い合わせをいただくことが増えていますので、

これは、お話しないとなーと

思いました。

まず、妊娠をした時点で、

結婚式は赤ちゃんを産む前と産んだ後と

どちらがいいのだろうか?

と考えると思います。

色々な意見があるのですが、

まずは、赤ちゃんを産む前のマタニティウェディングを

オススメいたします。

花嫁様の体調もありますので、一概には言えませんが、

思い通りの結婚式に近い形で行えるのは、

マタニティウエディングではないでしょうか。

通っているお医者さまとも相談しましょう。

マタニティウェディングをする際に

最初に考えること。

「着られるドレスはあるのかな。」

「慣れないウェディングドレスを一日中着て、

大丈夫かな。」

と思う花嫁様は多いのです。

分かります。

私は何人ものマタニティウェディングをした花嫁様の

ウェディングドレスをお作りさせていただきましたし、

私も実際、マタニティの経験がございますので、

ご相談していただくことに

たくさんのアドバイスができると思います。

そして、

私がこれからお話します

注意点を守ればほとんどの場合、大丈夫です。

・お身体に合ったマタニティ用のウェディングドレスを選びましょう。

・つけ慣れたお下着をつけ、お腹を支えるベルトもしくはガードル

をつけましょう。

・妊娠7ヶ月、8ヶ月に結婚式の当日を迎えましょう。

まず、マタニティの体型は特殊です。

しかも同じ妊婦さんでもお腹の出方や膨らみの位置が違います。

それに対応できるドレスか、オーダーでお作りすることを

オススメいたします。

その特殊なお身体に合ったドレスにすることが、

最も妊婦さんを美しく見せるコツです。

2つ目には、お下着。

だいたい5ヶ月目の後半くらいから、妊婦さん用の

お下着やお腹のベルトをされると思います。

そちらを結婚式当日に使うと慣れているので

安心して楽にいられます。

そして、

結婚式はお腹の目立たない

5ヶ月目くらいをオススメする方が多いようですが、

そうすると準備がつわり中で大変です。

お腹の大きさは、お身体に合った素敵なドレスで

カバーできますので、是非無理のない、

7ヶ月、8ヶ月をオススメいたします。

いかがでしたでしょうか?

マタニティウェディングを検討されている方は

参考になりましたでしょうか?

他にもご質問があればお気軽にご相談くださいませ。

マタニティウェディングはとても思い出に残りますよ。

 

コメントを残す