素敵すぎるハイブランドドレス!値段は?!

 

 

こんにちは。

Dress Producerの藤本マキ(ふじもとまき)です。

 

ジューンブライドの6月も終わり、

いよいよ夏本番を迎えますね。

そろそろ10月、11月挙式の花嫁様が

動き出す時期ではないでしょうか。

 

 

結婚するとなったら、

まず最初に何をしますか?

 

  • 結婚式場を決める
  • 友達や親戚に挨拶
  • ウェディングドレスを探す
  • 結婚指輪をオーダーする
  • 引っ越す

 

結婚されるお二人によって様々ですね。

どこから始めても間違ってはいません。

 

 

やること、選ぶこと、決めること、

たくさんありますが、

好きなものから情報収集ですね!

 

 

ウェディングドレスについては

まず最初に、

購入する?レンタルする?

とお考えになりますね。

 

花嫁様にお似合いになっていることが

最重要です!

 

 

 

素敵すぎるハイブランドドレス!値段は?!

についてお話します。

 

ハイブランドのドレスとは?

ハイブランドのドレスと言ったら、

まずどこのブランドが思い浮かびますか?

 

 

私は、、

 

シャネル!ディオール!!

 

大好きなブランドです。

 

素敵だなぁと思うのは、

バレンチノやドルチェ&ガッバーナです。

 

CHANELより

 

 

一体いくらなの?

 

さて、先ほど挙げたブランドの

ウェディングドレスのお値段は想像できますか?

約300万〜500万が相場です。

 

?!

凄い!とお思いになりますか?

そのくらいするよね!と

私は思います。

 

デザインによってお値段は変わります。

もっと高いものもあるようですよ。

 

なかなか手が出るお値段ではないですね。

しかし、素晴らしい芸術品です。

1点1点にストーリーがあり、

1点1点デザイナー自ら

トワルチェックをしたり、

フィッティングをしたり。

細かいパーツや刺繍はほとんど手縫いです。

一昔前は日本の縫製工場でも

パリコレの出ているブランドのドレス

の縫製もしていました。

 

 

とはいっても、

日本でオーダーできるものは少ないですし、

ハイブランドのオートクチュールの職人さんが

今では日本にとても少ないこともあり、

なかなかお目にかかれないと

思います。

 

 

私にはハイブランドドレスなんて着れない、、、

もし、やっぱり憧れのハイブランドの

ウェディングドレスが着られるとしたら。

 

考えただけでウキウキわくわくしますね。

 

 

実際に日本でハイブランドの

オートクチュールのウェディングドレス

を着用した方は、

ほとんどいません。

 

 

ハイブランドのウェディングドレスを

着たい花嫁さまは多くいらっしゃいます。

 

そして、

花嫁さまだけではないんです。

常に華やかな舞台に立っている方々も

憧れています。

 

裏技があるの?

はい。

裏技があります。

モデルさんやアーティストのお衣裳を

15年お創りしてきましたが、

実はハイブランドのドレスを

真似して作っているんです。

 

ハイブランド風のドレス

っていうことです。

 

 

 

 

デザインは真似をして、

ご自分の体型に合わせてお創りする

ハイブランド風ドレス

実はとっても素敵です。

 

デザインやお色味を少し変えたり、

素材を機能的なものにしたり。

 

本物のハイブランドのドレスの

素材はほぼシルクで出来ています。

シルク100%のお衣裳でたくさんの

舞台に立つことは耐久性に乏しく難しいです。

 

ですので、舞台衣裳は機能的素材を

使ってハイブランド風ドレスを

お創りすることが本当によくあります。

 

 

 

お値段はハイブランドのドレスを購入するよりも

10分の1ほどのお値段でお創りできますよ。

(30万〜50万 デザインによります。)

10分の1って凄いですね!

 

 

ご自分をよりよく見せたいモデルさんや

アーティストさんには定着している方法です。

 

 

どうしても憧れのウェディングドレスがあって

体型やお値段で諦めてしまっている

あなたにはとってもよい方法だと思います。

 

 

こんな方法もあることを

知っていただけていると、

ウェディングドレスを選ぶ幅も広がりますね!!

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

お問い合わせ

 

個別に聞きたいあなたは

LINEもオススメです。

試着のお写真をお送りくださいませ♪

早急にお返事いたします。

友だち追加

 

藤本 マキの公式メールマガジンでは

ブログでお話できないこともお話します。

ウェディングドレスで損したくないあなたはこちら

 

 

 

 

 

コメントを残す